国民年金の基礎知識

1、国民年金の加入者は3種類

国民年金には、日本に在住している20歳以上60歳未満の人は、学生や主婦、外国人の方もふくめて全員加入しないといけないことになっています。

また、日本に住んでいる60歳以上65歳未満の人、海外に住んでいる20歳以上65歳未満の日本人は任意加入することができます。 たとえば、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない場合や満たしていても満額の年金を受けることができないときなどです。

さらに、昭和40年4月1日以前に生まれた人が老齢基礎年金の受給資格期間を満たしてない場合は、65歳以上70歳未満まで任意に加入できます。

受給資格期間とは、年金を受給するために必要な期間のことで原則25年必要です。 受給資格期間には、年金(国民年金、厚生年金、共済年金)に加入していた期間、 国民年金の免除期間(法定免除と申請免除)、 60歳未満の任意加入できるけどしなかったカラ期間、 学生納付特例、若年者納付猶予制度による免除期間などがふくまれます。

国民年金の加入者(”被保険者”という)は3種類あります。

被保険者と対象
第1号被保険者
・自営業者、農業、漁業に従事している人
・20歳以上の学生
・自由業、フリーター、家事手伝い
・主婦(定年退職者の奥さんで60歳以下の方)
・弁護士などの士業の人や開業医
・国会議員

第2号被保険者
・サラリーマン(20歳未満の方も支払う)
・公務員(20歳未満の方も支払う)

第3号被保険者
・第2号被保険者の奥さん(被扶養配偶者)

現在の年金制度は3階建て構造になっています。第2号被保険者であるサラリーマンは厚生年金、 公務員は共済年金に加入していると同時に、1階部分にあたる国民年金にも加入していることになるのです。

給与明細書の社会保険料控除欄には、厚生年金保険料しか引かれていないため、自分が国民年金にも入っていることを意識していない方が多いようです。

国民年金は、1階部分にあたるので基礎年金といいます。この上に、2階部分として厚生年金や共済年金が上乗せされます。 だから、サラリーマンや公務員の方は自営業者の方に比べてより厚い保障を受けることができるのです。 さらに、会社によっては3階部分として厚生年金基金があります。

<まとめ>

国民年金の加入者・・・第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類あります。


2、国民年金への加入手続き

国民年金への加入時期は、国民年金の加入者の種類によって変わります。 国民年金の加入者には、第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者の3種類があります。

第1号被保険者の場合

国民年金の第1号被保険者の加入時期は、20歳の誕生日の前日、外国人が日本に住んだとき(1ヶ月単位の加入、年間何日以上などの決まりはありません)、 帰国子女が日本に戻ってきたとき、その他法律で適用除外とされていた人がそうでなくなったときなどがあります。

第2号被保険者の場合

20歳以下の人も、会社に入ったり公務員になったりして第2号被保険者になった場合は、年金に加入しなければなりません。 また、60歳未満で退職したときは、第2号被保険者から第1号被保険者に種別が変わります。

<まとめ>

国民年金への加入時期・・・被保険者の種類によって違ってきます。
第1号被保険者の加入時期・・・20歳の誕生日の前日、帰国子女が日本に戻ったとき。
第2号被保険者の加入時期・・・会社員や公務員として勤めたとき。20歳以下もふくみます。
第3号被保険者の加入時期・・・第2号被保険者の被扶養者になったとき。


3、会社を辞めたら国民年金の変更手続き

ここでは、第2号被保険者(厚生年金)から第1号被保険者(国民年金)へ変わるケースについて説明します。

会社を辞めて無職になったり、自由業や自営業をはじめるときは、 退職した日の翌日から14日以内に、自分の住所のある役場や市役所で、 第2号被保険者から第1号被保険者(第2号被保険者の扶養者の場合は第3号被保険者)への変更手続きを行う必要があります。

国民年金の担当窓口に行き、「国民年金被保険者種別変更届」と年金手帳(基礎年金番号通知書)、厚生年金保険資格喪失証明書を一緒に提出します。

種別変更の手続きを忘れると、年金額が減ったり、年金があたらなくなったりすることがあるので気をつけてください。 もし、都合がつかず14日過ぎてしまった場合でも、被保険者の変更手続きはできます。

年金の加入期間(資格取得日と資格喪失日)とは?

公的年金では、被保険者資格を取得した月から資格を喪失した月の前月までと月単位で加入期間が計算されます。 厚生年金の場合、資格取得日とは会社に就職した日であり、資格喪失日とは、会社を退職した日の翌日になります。

つまり、月の末日と末日以外で退職した場合では、加入期間が1ヶ月違ってしまうことがあります。 (参考:退職日と厚生年金の被保険者期間)

保険料支払いの時効とは?

また、保険料を払いたくないと思って手続きを先延ばしにしていると、2年で保険料支払いの時効がきてしまいます。 時効になれば、それ以降は保険料を払いたくても払えなくなり、その期間は保険料滞納期間となってしまいます。 そして、実際の保険料を受け取るときに金額が減るなどの不利益がおこることになります。

<まとめ>

国民年金への種別変更・・・会社(第2号被保険者)を辞めたときに行ないます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です